年度別 機体写真集

チームの歴史を写真を交えて紹介します。
主に、過去の失敗や成長を後世に伝えていくことを目的としたページです。
現役一同温故知新を大切にすることを志し、この場をお借りしてOB/OGの歩み・失敗・功績に感謝申し上げます。

2017年度





2016年度


書類審査落選



2015年度

 「麗月」 人力プロペラ機ディスタンス部門

機体重量47kg、パイロット重量59kg  記録 532m

昨年度からの主な改良点: 軽量化と空気抵抗の削減

2014年度
 「紺月」 人力プロペラ機ディスタンス部門 チーム記録更新


機体重量53kg、パイロット重量53kg  記録 659m

昨年度からの主な改良点: 軽量化と空気抵抗の削減



2013年度
 「繊月」   人力プロペラ機ディスタンス部門   審査員特別賞受賞 チーム記録更新

機体重量55kg パイロット重量55kg  記録445m

昨年度からの主な改良点: 機体の大部分にCFRPを使用・大幅な軽量化



同年度OB/OGチーム 「Honey bee!」 626Lab


機体重量32kg パイロット重量60kg   記録196m

昨年度からの主な改良点: 空力・構造設計の洗練と軽量化



2012年度
 「Gon Summer あるばとろす」     人力プロペラ機ディスタンス部門

機体重量67kg パイロット重量57kg  記録 37m (重量過多、フレア時に桁折れ) 

昨年度からの主な改良点: 新構造、人力初挑戦


2011年度
  「MoorisZ」   626Lab with albatross (OB/OG共同チーム) 滑空機部門



記録 20m (直前の試験飛行不足 / 引き起こし失敗)




幻の試験機 「Super Mooris」

重量過多により飛行出来なかったものの、一瞬浮上する

主な改良点: Moorisにペラと駆動を加えた



2010年度機体
「Mooris」 滑空機部門


記録 35m (パイロット落下地点距離 / 落下原因はコクピットアルミフレーム結合部設計ミス・結合穴部分の未補強によるもの

昨年度からの主な改良点: 軽量化

2009年度機体
Mooris試験飛行成功するも、
大会中止

2008年度機体
「Noselena」 滑空機部門(フォーミュラクラス
書類審査落選

昨年度からの主な改良点: 構造と空力設計の本格化


2007年度機体
「F-サッシーナ」 滑空機部門(フォーミュラクラス) 審査員特別賞 チーム記録更新


ダオスシステムが評価され、審査員特別賞を受賞。
記録 37m (空力 縦安定不足 / 試験飛行不足)

昨年度からの主な改良点: 構造・強度


2006年度機体
「鳥男」 
滑空機部門(フォーミュラクラス



記録 22m 桁折れ


2005年チーム発足

Comments